成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート(佐藤昌弘)

出版社 / 著者からの内容紹介
全国の社長・営業マンから「この本だけはライバルに読ませたくなかった!」と反響があったベストセラー『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』が進化して登場。著者・佐藤昌弘の強みは、心理セラピー、言語学、神話伝説学を徹底的に学び、「世界一シンプルですぐ結果が出る」と評判の魔法のセールストーク。「お客様が欲しいというものを、売ってはいけない」、「たった5分でお客様との信頼関係が築ける心理じゃんけんの法則」等のノウハウを惜しみなく紹介する。 本書のセールスポイントは、前作のノウハウを実践し、一足早く実績を残した18業種の最強営業パーソンの成功事例。18業種は、ブライダル、生命保険、注文住宅、行政書士、歯科医院、損害保険、都市ガス、ハウスメーカー、ソフトウェア販売、住宅リフォーム、寝具小売、旅行代理店、ワイン卸売、事務機器販売、造園、不動産、物流、料理教室など多岐にわたる。「客単価が2ケタUP」「成約率が300%UP」「売上5倍・社員数2倍に成長」など、なぜ凡人が最強営業マンに変わったのか、その秘密を生の声を交えて一挙公開する。本書のファースト・マジック・クエスチョン「本日、○○なわけですが、いまの××に何かご不満でもおありなのですか?」の実践トークを使った途端、あなたの営業人生が一気に変わり出す!

内容(「BOOK」データベースより)
このノウハウで一足先に成功した18事例を初公開。

内容(「MARC」データベースより)
誰でも売れる営業マンになれるというセールストークノウハウと、18業種の成功事例を、見開き構成・豊富な図解で一挙公開。03年刊「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」の図解版。


4534039220凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート
佐藤 昌弘
日本実業出版社 2005-06-23

by G-Tools
凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク(佐藤 昌弘)

Amazon.co.jp
書店にはじつに多くのセールス指南書が並んでいる。しかし、本書の著者はそれらのノウハウには懐疑的だ。いわく、そうした本で紹介されているのは一部のセールスが上手な人のやり方で、大多数の営業マンにとって真似するのは困難ではないのか。本書ではこの立場から、「凡人」でも実践できる点を重視したセールストークを紹介している。
著者が訴えるのは、「お客さんは自分自身が欲しいものを知らない」ことをほとんどの売り手が見落としているという点。お客さんは特定の商品ではなく「自分の欲求を満たしてくれる手段」を手に入れにやってくるというのだ。それを知らずにいきなり商品をすすめてしまうケースを、著者は失敗例としていくつかあげている。
本書に提示される4つのステップは、そうしたお客を契約まで導くためのトークのプロセスである。ねらいはいかにお客の「本音」を引き出すかで、その仕掛けとなるトークに秘められた心理的テクニックは興味深い。細部の言い回しには好みもあろうが、全体の流れは参考になるはず。提案型や交渉型のセールスにはとくに役立つだろう。
また、ステップの前段で示す「4つのパーソナリティ」の知識や人間関係を築く方法なども、覚えておけば重宝するはずだ。認知心理学やセラピーなどに通じる著者であるが、その知見を、相手を惑わして売りつけるためではなく、顧客満足のための交渉ノウハウとして用いている点には好感がもてる。(棚上 勉)

出版社/著者からの内容紹介
伝説のマーケッターが初めて明かす究極のセールストーク
著者は、神田昌典氏が主宰する「顧客獲得実践会」のパートナーコンサルタントであり、10万部超のベストセラーである『図解・成功ノート』(共著・三笠書房)の著者の1人である佐藤昌弘氏。
内容は極めてシンプルであるが、心理学とセラピーを徹底的に学んだ著者ならではの読ませる仕掛けがしてある。
「お客が欲しいというものを、売ってはいけない」で始まる本書の根底には、「お客の潜在的な欲求を聞かずに、営業などできるか!」というマーケッターならではの視点がある。また心理学とセラピーを学んだ著者が千社超のコンサルティング経験から編み出した究極のセールストークを初公開。「お客が欲しいというものを、売ってはいけない」という持論を軸に、4つの魔法のセールストークを披露。凡人が最強営業マンへ変わるノウハウが満載!

内容(「BOOK」データベースより)
売り込み型のセールス&顧客と会うプレッシャーから解放される究極の一冊。

内容(「MARC」データベースより)
「お客が欲しいというものを、売ってはいけない」 それがセールスの極意。客が本当に何を望んでいるのかをしっかりと把握するために必要なこととは? 売り込み型セールス&顧客と会うプレッシャーから解放される究極の一冊。


4534036833凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
佐藤 昌弘
日本実業出版社 2003-12-04

by G-Tools
80対20の法則を覆す ロングテールの法則(菅谷義博)

出版社 / 著者からの内容紹介
ネット業界で話題の「ロングテール現象」を解説した本邦初の本。「顧客を切り捨てる」マーケティングから「全ての顧客を対象にする」マーケティングへの変貌を克明な取材で紹介する。

内容(「MARC」データベースより)
ブロードバンド時代には「売れない8割」すなわち「ロングテール」が、「売れる2割」を超える売り上げをもたらす! 「売上の8割は2割の優良顧客が生み出す」という従来の常識を覆すマーケティング手法をわかりやすく解説。


449255550180対20の法則を覆す ロングテールの法則
菅谷 義博
東洋経済新報社 2006-02-24

by G-Tools
小さな会社★NO.1のルール ランチェスター経営1位作りの成功戦略(佐藤元相, 竹田陽一)

出版社 / 著者からの内容紹介
人はなぜあの会社やあの店に集まるのか。儲けている会社は何が違うのか。
小さな会社でも圧倒的に利益を出している会社がある。それは「商品やサービス」「業界・客層」「地域」「営業」「顧客維持」という特定の分野で、他の会社の追随を許さないNO.1の市場を持っているからだ。
では、あなたの会社は1位の市場を築けるのか……。
実はどの会社も1位の分野を持っている。ただそれに気づかないだけだ。どうすれば1位のものを見つけられるのか。本書の事例に登場する成功企業も1位を見つけ出してからは、圧倒的に儲けている。1位になったとき、あなたの会社の「儲けの仕組み」は変わっているはずだ。


4894512157小さな会社★NO.1のルール ランチェスター経営1位作りの成功戦略
佐藤 元相 竹田 陽一
フォレスト出版 2006-01-17

by G-Tools
小さな会社★集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略(佐藤元相, 竹田陽一)

出版社からのコメント
ホームページに「戦略」があれば確実に売上げがアップする!
今やホームページは情報の洪水と言っていい。猫も杓子もどの企業も会社のホームページを持っている。しかし、ほとんどはゴミと化している。ホームページから情報を検索する人が欲しいのは会社案内ではない。自分や自社に利益をもたらしてくれる商品やサービスなのだ。
会社案内のようなホームページしか持っていない会社には、そこからお客をどう集めたらいいかという戦略がない。それは今まで小手先だけのテクニックで検索率をアップさせる手法がまかり通っていたからだ。一時的な成功を収めることはできるかもしれないが、他者が同じことをすれば当然パイが小さくなるだけ。
では、ホームページにおける戦略とは何か?
それは何でもいいから業界1位になれるものを作り出し、商品・技術・サービス・お客を絞り込んだ、特化したホームページを生み出すことである。
例えば、誰でもお客になってしまう税理士の場合、お客を絞り込むことで成功した事務所がある。ここは「ベーカリーショップ専門の税理士事務所」としてホームページを絞り込んだものにして、今や業界ナンバーワンの地位にある。問い合わせも更新後600%アップした。また、鉄鋼の町工場では商品を「再研磨加工」に絞り込み、得意な技術に絞り込んだホームページに変えて、最研磨という業態でナンバーワン、大手企業からの依頼も押し寄せるというそれまで考えられなかった変化が生じている。
これが、小さな会社の戦略である。
ホームページは絞り込めば絞り込むほど、確実に顧客となる見込み客が問い合わせをしてくる。営業マンはそれに応えるだけの営業スタイルに変わる。
そう、ホームページが営業マンなしでお客を集めてくれるツールになるのだ。戦略の基本は「あなたが付き合ったら儲かって楽しい1人の理想のお客を描けるか」にある。
本書は、これまで多くのムダ金を払ってきたホームページに対する考え方を一新してしまうかもしれない。


489451186X小さな会社★集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略
佐藤 元相 竹田 陽一
フォレスト出版 2005-01-19

by G-Tools
商経 無一文から一兆円稼いだ中国商人の教え(史源)

出版社 / 著者からの内容紹介
無一文から一兆円稼いだ中国商人の教え。金貸し屋の便所掃除から紫禁城を馬で乗り入れるまでに出世した胡雪岩の商道一代記をベースに、現代にも通ずる彼のビジネス論を深く読み解くもの。14のテーマに分け、エピソードを交えて紹介していく。

出版社からのコメント
韓国で19ヶ月連続ベストセラー。アジアの一流経営者が神とあがめる大商人の、現代にも通じる経営哲学のすべてと成功の秘策。監修・守屋 洋。


4844320726商経 無一文から一兆円稼いだ中国商人の教え
史 源 和泉 裕子
インプレス 2005-03-03

by G-Tools
商売の創造(鈴木敏文)

Amazon.co.jp
日本に初めてコンビニエンスストア・チェーンを導入し、その後セブン‐イレブンを名実ともに日本一の小売業者に育て上げた名経営者、鈴木敏文。本書は、セブン‐イレブンで創業以来30年にわたり毎週行われている社内の全体会議での彼の発言をまとめたもので、『商売の原点』とは姉妹書の関係にある。『商売の原点』はビジネスの「基本の徹底」を扱っているが、本書は変化の時代に対応するための「創造的破壊」をテーマとしている。
鈴木敏文によれば、セブン‐イレブンにとっての最大の競争相手は同業ではなく、「世の中の変化、お客様のニーズの変化」であるという。そして顧客に対して、安易に「価格訴求」をするのではなく「価値訴求」をすべきだという。そのために大切な点として、社員や店員が自分で考え実行すること、失敗を恐れずに攻めの経営をすること、常識にとらわれずにそれを打ち破ること、の3点を挙げ、さまざま具体例とともに、これを繰り返し強調している。
セブン‐イレブンは、流通の常識を破壊して独自のシステムを作り上げ、現在の日本で最も成功した企業のひとつに挙げられる。しかしながら鈴木敏文は、組織が拡大したことにより大企業病が蔓延するのではないかと、常に強い警戒心を持っていることがよくわかる。現在の好業績に安住せず、毎週毎週、これだけ改革を叫び続ける経営者が、ほかにどれだけいるであろうか。
過去の経験を捨て、常に自己変革を行わなければ生き残れないという問題意識は、『商売の原点』のテーマであった「基本重視」と同様、どのビジネスにも共通することである。2冊をあわせて、ぜひ読んでいただきたい。(戸田圭司)

内容(「MARC」データベースより)
激しく変化する顧客の要求に対応するには自己革新に挑戦し続けるしかない。セブン-イレブン会長が、不況の時代に新しい価値を創造して、攻めの商売をするために実践すべき行動指針を語る。「商売の原点」と同時刊行。


4062120992商売の創造
鈴木 敏文
講談社 2003-11-22

by G-Tools
商売の原点(鈴木敏文)

Amazon.co.jp
日本に初めてコンビニエンスストア・チェーンを導入し、その後セブン‐イレブンを名実ともに日本一の小売業に育て上げた名経営者、鈴木敏文。セブン‐イレブンやイトーヨーカ堂の成功、そしてこの人物を題材にした著作は数多い。しかし本書は、セブン‐イレブンで創業以来、毎週行われている社内の全体会議での、彼の発言をまとめたもので、生のメッセージを伝えているのが特徴である。かつて、「変化への対応と基本の徹底」をスローガンに、グループの業務改革を進めたということだが、本書はそのうちの「基本の徹底」をテーマにしたものといえる。それに対し、姉妹書の『商売の創造』は「変化への対応」が主題となっている。
鈴木敏文によれば商売の基本原則は、「クリンリネス(清潔)」「フレンドリーサービス」「鮮度管理」「品揃え」の4つだという。きわめてシンプルな原則であるが、各店舗や本部がこれを徹底し、継続していくことの大切さを、繰り返し述べている。そして、常にお客様第一の視点で考えるべきであると強調する。
本書に出てくる話題は、セブン-イレブンとイトーヨーカ堂内部の極めて実務的な話が殆どである。しかしそれだけに説得力があり、またコンビニエンスストアのビジネスの内幕をかいま見ることができて大変おもしろい。この名経営者の訴える、基本重視の考え(そして、それを実行することの難しさ)はどのビジネスにも共通することである。業種を問わず、企業経営に携わる人におすすめしたい1冊である。(戸田圭司)

内容(「MARC」データベースより)
セブンイレブンを生んだ希代の経営者である著者が経営実学のすべてを語る。顧客の心をつかみ、ストアロイヤリティを高めるために実践すべき商売の基本原則を説く。「商売の創造」と同時刊行。


4062120984商売の原点
鈴木 敏文
講談社 2003-11-22

by G-Tools
強運をつかむ人・にがす人(佐藤康行)

出版社/著者からの内容紹介
「運が良かっただけだよ」「運が悪かったのさ」
こんな言葉をつい口にしてしまう人のために、本書を書きました。
「強運をつかむ」にはどうしたらいいのか?
これが本書のテーマです。

「強運をつかむ」と聞いて、あなたはどんなことを思ったでしょうか?
「そりゃ、強運になるに越したことはないよ」そう思う反面、「そんなつかみどころの無い話など信じられるものか」といった気持ちもあるでしょう。
「運」と聞くと、このように自分の力ではどうすることもできない、頼らざるを得ない力、目に見えない外側からの力、というイメージがあるかもしれません。
しかし、「運」はあなたがしっかりつかめるものなのです。
「『運』は偶然、運ばれてくるんじゃないのか?」
あなたは、そう思っていないでしょうか。
事実をお話しします。あなたが住んでいる、この宇宙のシステムは「因果の法則」が働いています。
「因果の法則」とは、物事には、必ず「原因」があって「結果」がある、という法則のことです。
ですから、あなたの目の前に起きているあらゆる出来事や、今のあなたの状況には、すべてそうなった原因があるのです。
それが、どんな針の穴のように小さな出来事であっても、その「結果」には、「原因」があるのです。
例外はありません。
つまり、いつも「運」が良いという状態、「強運」にも、その「強運」をつかめる原因がある、ということなのです。


4817406143強運をつかむ人・にがす人
佐藤 康行
日新報道 2005-10-17

by G-Tools
成功の女神に好かれる人嫌われる人―努力しなくても成功する人努力しても成功しない人(佐藤康行)

出版社/著者からの内容紹介
本書では、成功の女神の好みを、クッキリと浮き彫りにしました。
本書を一読すれば、どのように行動すれば成功の女神に好かれるのかということがハッキリとします。

成功の女神はワガママです。
しかし、女神は気まぐれでもなければ、理不尽でもありません。
むしろ成功の女神の好みは、わかりやすいし、一貫しています。

今のあなたは成功の女神に好かれるタイプでしょうか。
それとも嫌われるタイプでしょうか。
もし嫌われるタイプなら自分を修正すればいいし、
好かれるタイプならもっと好かれるように自分を成長させればいいのです。
やがて「成功の女神」は、あなたにニッコリ微笑みかけてくれるでしょう。

ぜひ成功の女神に好かれて、大きな成功を手にしてください。


4817406038成功の女神に好かれる人嫌われる人―努力しなくても成功する人努力しても成功しない人
佐藤 康行
日新報道 2005-07

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。