成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の成功哲学50の名著 エッセンスを解く(T.バトラー=ボードン著)

書籍の内容
“自己啓発の最高の入門書”と絶賛された前著「世界の自己啓発50の名著エッセンスを読む」に続くシリーズ第2弾。
本書では「成功=人生の目的を達成すること」をテーマに、古典から新作まで、数多くの名著から、50作を厳選しています。成功哲学のガイドブックとしてだけでなく、数多くの成功法則のエッセンスを手軽に知るためにも、最適の1冊。
日ごろ手元において、気軽にページを開けば、必ず何かの気付きが得られ、成功への決意を新たにできるでしょう。

著者からのメッセージ
T.バトラー=ボードン
ロンドンスクール・オブ・エコノミクス、およびシドニー大学卒業。現在、英国とオーストラリア両国に住まいを構える。前著『世界の自己啓発50の名著 エッセンスを読む』(小社刊)と、本書をまとめるために、6年以上を費やして数百冊に及ぶ作品を読み、調査と分析を行った。初の著作となった前著は「可能性の文学」自己啓発の“最高の入門書”として好評を博し、自己啓発の専門家として知られることとなった。最新の著書に「50 Spiritual Classics」がある。

メッセージ
人が成功を望むのは、呼吸を必要とするのと同じくらい自然なことだ。私たちはこの世に生を受けたときから、さらに努力し、さらに多くを獲得し、さらに充実したいと願っている。
成功というと、達成を求めて必死に頑張るというイメージがあるかもしれないが、成功への道は本来もっと自然なものだ。成功とは、自分の心の中にある大きな夢や可能性を閉じ込めずに公表する勇気だと言ってもいい。
多くの人は夢を語ることをしない。普通にはしないことだし、何となく危険な感じがするからだ。しかし、夢を実現する道を歩んだ人間は、それをごく当たり前の生き方だと考えている。成功とは故郷と同じように、誰もが帰り着くべき場所なのである。
人は時に生い立ちや文化によって向上心を奪われてしまうこともある。多くを期待せず、平凡な人生に甘んじるしかないと思い知らされてきた人もいることだろう。それでも、もし最近心の中に成功への望みが再び芽生えてきたという人がいたら、ぜひこの本を読んでほしい。(「はじめに」より抜粋)


488759397X世界の成功哲学50の名著
T・バトラー=ボードン 宮原 育子 牧野 千賀子
ディスカヴァートゥエンティワン 2005-08-09

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。