成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガルシアへの手紙(エルバート・ハバード)

Amazon.co.jp
世界的ベストセラー『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』のなかでキングスレイウォードも推薦している古典的啓蒙書『A Message to Garcia』の翻訳に解説を加えた書。
ガルシアとは、かつてアメリカとスペインがキューバをめぐって戦争をした際、キューバにいた反スペインのリーダーのこと。本書は、大統領からの依頼を受け、どこにいるかもわからないガルシアに手紙を届けたローワンという将校をモデルに、自らの力で物事に取り組むことや、目の前の課題に勇気をもって挑むことの重要性を説いている。
もともと『A Message to Garcia』はほんの数十ページの小冊子で、本書でも翻訳部分はわずか1章(25ページ)に収まっている。だが、その影響力は1913年の時点で4000万部印刷されたという事実から容易に推測できる。世界中が読んだ名著に手軽に触れられるという点が、本書の最大の価値といえるだろう。(土井英司)

内容(「BOOK」データベースより)
あなたはガルシアへ手紙を届けられるだろうか?世界中で最も多くの人々に大きな1歩を踏み出す勇気を与えた小さな本。

内容(「MARC」データベースより)
あなたはガルシアに手紙を届けられるだろうか? 社会の求める、必要な人間とはどういうものか。世界中の人々に大きな一歩を踏み出す勇気を与えた小さな本をもとに、「ガルシアに手紙を届ける人」になるための方法を説く。


4893467085ガルシアへの手紙
エルバート ハバード Elbert Hubbard ハイブロー武蔵
総合法令出版 2001-04

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。