成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百万分の一の歯車!―世界一の超極小部品をつくる樹研工業の技と哲学(松浦元男)

Amazon.co.jp
樹研工業が開発に成功した世界最小最軽量の100万分の1グラムの歯車は、それをフィルムケースに2万個集めても、肉眼ではチリが入っているようにしか見えないという。さらに驚くことに、その用途はまだ決まっていないという。
なぜそのような技術が可能なのか、なぜ用途のないモノをつくるのか、そしてなぜ大企業をしのぐ技術力で成功を収めることができたのかなど、さまざまな疑問がわき起こる。本書では同社の「カリスマ経営者」が、みずからその「なぜ」に答えている。
大企業をしのぐ中小企業の多くは技術を特化した戦略をもっている。樹研工業の場合も、オイルショック時に著者がモノの軽薄短小化のトレンドを予測し、以来「小さいもので生きていこう」と決意したという。さらに、価格競争をしない、会社規模を競わないなど、「やるべき競争とやらざるべき競争」を峻別してきたともいう。そして、「小さいもの」の開発を先行させて成功した体験から、著者は「メーカーの受注を待っているのではなく、部品メーカーは先回りしてものをつくっておくべきだ」という考えを固める。用途のない歯車をつくった理由もここで納得できる。
著者はまた、同社の歴史やエピソードをひも解きつつ、時代の変化への対応のしかたや職人と技術の育て方、経営の指南、中小企業の生き残りの条件などを語っている。印象的なのは、技術や生産システム、製品への絶対的な自信と、大きな時代の変化を乗り越えてきた経験の深みである。それが著者のアドバイスを懐の深いものにしている。逆境から活路を見出そうとする製造業にとって、有益なヒントが得られる書といえよう。(棚上 勉)

出版社/著者からの内容紹介
100万分の1グラムの歯車の開発に成功した樹研工業は、地方の小さな企業でありながら世界中から注文が舞い込んでくる。どう見ても単なる「チリ」のようにしか見えない100万分の1グラムの歯車は用途の決まっていない製品だが、超極小の歯車が同社の技術力を証明する広告塔の役割を果たしているのだ。
その圧倒的な技術力と独自の経営哲学でもって大企業と互角に渡り合っている、樹研工業のカリスマ経営者が実践する「成功の哲学」とはいかなるものか。中小企業には「やっていい競争」と「やってはいけない競争」があるという。「規模」「価格」「品揃え」を競うのではなく、「品質」「技術」「財務内容」を磨く。そうすれば大企業に勝つことだってできる。他にも、開発哲学、時代の読み方、人の育て方、財務戦略など、たくましいモノづくり企業をつくるためのヒントが満載だ。

内容(「BOOK」データベースより)
マイクロパーツで世界のド肝を抜いた樹研工業のカリスマ経営者が語るその技と哲学のすべて。元気になりたい人、勇気を取り戻したい人、とにかく前に進みたい人たちに贈る「経営と人生の教科書」。

内容(「MARC」データベースより)
世界一小さい百万分の一グラムの歯車をつくってみた。使い途はこれから考える-。マイクロパーツで世界のド肝を抜いた樹研工業のカリスマ経営者が語るその技と哲学のすべて。これが日本のモノづくりの底力だ!


4806118419百万分の一の歯車!―世界一の超極小部品をつくる樹研工業の技と哲学
松浦 元男
中経出版 2003-07-01

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ベースボールミットファン
ミットの検索サイト。キャッチャーミット、マグミット、マルミット、ファーストミット、マーなどミットに関する各種情報をお届けしています。 http://facultative.hartmerrell.com/
2008/09/11(木) 22:14:12 | URL | #-[ 編集]
ノコギリヤシの美容効果
ノコギリヤシは北米南部に自生する低木のヤシの一種です http://hamfatter.sabellsenterprises.com/
2008/10/13(月) 08:13:53 | URL | #-[ 編集]
皿ねじ 皿うどん
皿の検索サイト。お皿、製氷、銀の皿、グラタン皿、カレーなど皿に関する各種情報をお届けしています。 http://haplology4.hartmerrell.com/
2008/11/29(土) 23:14:48 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。