成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリスマ体育教師の常勝教育(原田隆史)

Amazon.co.jp
「究極の荒れた学校」とまで言われた大阪市立松虫中学校に赴任し、学校再生のため、「陸上部の子どもたちを2年後に日本一にする」と宣言して実現させた体育教師がいる。原田隆史だ。赴任後7年の間に、陸上競技の個人種目で13回の日本一を達成するなど輝かしい実績を残し、「松虫の奇跡」と驚嘆された。だがそれは、「奇跡ではない」と原田は言ってのける。どうしてそのようなことが可能となったのか。その指導法を明らかにしたのが本書だ。
原田は生徒たちを変えるため、経営者の勉強会でマネジメントの発想を学ぶとともに、強い選手の徹底研究を行った。その結果、成功者に共通しているのは強い勝利意識と高い目標設定であり、強い選手ほど「心」を大切にしていることを知る。そこで、心づくりの指導として、靴をそろえる、挨拶(あいさつ)するなどの「態度教育」と、独自の長期目標設定用紙を使った「目標設定」を実践した。紙に書き込むことで目標を鮮明にし、態度教育で心を磨き、継続によって心を強くし、日誌を書いて心を整理する――。心を鍛えて、他人に頼らない「自立型人間」を育てていく原田メソッドは、子どもの教育やしつけに自信を失っている教師や親に、いま何が大切かを教えてくれる。
経営ノウハウを取り入れた原田隆史の教育法は、ベンチャー企業経営者にも高く評価されているという。教育関係者だけでなく、企業の経営者や人材育成を担っている担当者、自己を高めたい社会人も一読の価値は十分ある。(清水英孝)

出版社/著者からの内容紹介
大阪の荒れた公立中学から7年間で13回もの陸上日本一を生んだカリスマ体育教師・原田隆史。驚異的な勝利の裏には、「ち密な目標設定」「マジメを教える態度 教育」「できることの継続」からなる独自の「心づくり指導」がありました。原田 式指導は、教育者だけでなく企業経営者にも熱烈に受け入れられ、大手外食チェー ンなどでは、社員のやる気創造に劇的な成果を生んでいます。本書はその方法論を 子どもたちへの指導や企業研修などのエピソードを織り交ぜながらまとめたもの。
子育ての指針となるだけでなく、部下の人材育成、やる気創造に悩むマネジャーや 経営者にも是非おすすめしたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
普通の子が一番になる!荒れた公立中学を13回の陸上日本一に変えた目標を書いて書いて心を鍛える人材育成法。教育界からビジネス界まで大注目。

内容(「MARC」データベースより)
教育界からビジネス界まで大注目! 普通の子を陸上日本一に変えた体育教師が、子どもたちへの指導や企業研修などのエピソードを織り交ぜながら、その驚くべき人材育成法を紹介。


4822243613カリスマ体育教師の常勝教育
原田 隆史
日経BP社 2003-10-16

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
調味料
2008/09/27(土) 15:45:17 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。