成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな会社☆社長のルール(竹田陽一)

Amazon.co.jp
ほとんどの中小企業にとって、有名なコンサルタントの話やビジネス書は役に立たない、と著者は言う。これらの内容は多くの中小企業がとるべき「弱者の戦略」ではなく、ごく少数のナンバーワンの会社だけが使える「強者の戦略」になっているからだというのが、その理由である。
そこで、従業員100人以下の中小企業が、「弱者の戦略」に基づいてどのように経営を行っていけばよいかを説いたのが本書である。好評を博した前著『小さな会社・儲けのルール』に続き、ランチェスター戦略の考えをベースに、顧客を獲得し儲けていくためのさまざまな戦略ノウハウが示されている。
本書の構成は、一般的な経営の「常識」に対して疑問を投げかける前半部と、「業績の98%は社長一人の戦略実力で決まる」として、利益を生み出すために社長がやるべきことを説いた後半部の2部構成となっている。ページを開くと、「会計の(経営上の)ウェイトは1%」、「戦略には使えないパレートの法則」などといった刺激的なメッセージが飛び込んでくる。しかしよく読んでみると、どんなツールや仕組みも万能ではなく、これらを過信せずにうまく使いこなしていかなくてはいけない、という正論を述べているということに気づく。
4千回もの講演を行っている著者だけに、内容はわかりやすく、かつエネルギーが感じられる。今までの経営のやり方に行き詰まりを感じている中小企業経営者にとって、必ずやヒントが得られるに違いない。(戸田圭司)

内容(「MARC」データベースより)
大きな会社と小さな会社の経営は180度違う! 中小零細企業の経営のやり方は、今まで誰も教えてくれなかった…。ランチェスター経営「8つの実行手順」で業績が変わる! 「小さな会社★儲けのルール」に続く実践編。


4894511509小さな会社☆社長のルール
竹田 陽一
フォレスト出版 2003-07-19

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
農家の本棚運営者の玲治です。
農家の本棚運営者の玲治です。
いつもお世話になります。

トラックバック張らせていただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。
2006/02/06(月) 17:46:36 | URL | 玲治 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
小さな会社。農家でも役に立つ社長のルール。あなたは知っていますか?
2006/02/06(月) 07:16:51 | 農家の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。