成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレンの言葉366日(ジェームズ・アレン)

出版社 / 著者からの内容紹介
アレンが伝えたかった最後の言葉を、簡潔にして、日々必要なことを一日一話形式で記した、アレン哲学の総集編ともいえる一冊。    

百年にわたり、世界中でもっとも多くの人々に影響を与えてきた、19世紀の自己啓発作家ジェームズ・アレン。『As A Man Thinketh』を始めとした彼の19冊の著作は、人生のバイブルとして、いずれも世界中でベストセラーになり、数多くの自己啓発家に多大な影響を与え続けている。▼本書は、そんな彼が自分の使命を果たそうと、自らの人生最後の6週間で仕上げた本『Meditation A Year Book』の日本語初翻訳である。自分が書き残した19冊の著書から、彼がもっとも伝えたかった最後の言葉を、簡潔にして、日々必要なことを1日1話形式で抜粋したものである。▼「原因と結果」という視点で、精神的な成長と自我の克服のために日々「瞑想」をすることこそが「人としての成長」である――と説き続けてきたアレン。そのアレンが、私たちにもっとも伝えたかったメッセージを、366に凝縮したアレン哲学の集大成である。


4569639801アレンの言葉366日
ジェームズ・アレン 葉月 イオ
PHP研究所 2004-12-16

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。