成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成功読書術 ビジネスに生かす名著の読み方(土井英司)

出版社 / 著者からの内容紹介
元・アマゾンのカリスマバイヤー土井英司氏が、これまでの経験に基づき、人生や仕事に役立つ「良書」を30冊ピックアップして紹介する。
今の世の中は「新刊」に走り、成功を収めた経営者やさまざまな人間の心理を説いているような、いわゆる「良書」と出会う機会が少なくなってきている。しかし、そんな良書の中にこそ、自分の中で欲している言葉があったりもするのである。人生は限られた時間のなかにあるので、直接本人と同じ体験というのは不可能であるが、書籍というかたちであれば、それは国や世代という垣根がなく体験を知ることができる。結果、良書に出会ったことで自分が大きく変われるのである。どのようにすれば良書と出会えるのか、またなぜこの本を良書として紹介するのか、1冊1冊丁寧に語られている。

著者からのコメント
この企画は、もともと『経営者の魂を揺さぶる1000冊に1冊の本』という仮タイトルで始まりました。
最初は、ありがちなMBAテキストを含むビジネス書ガイドを考えていたのですが、人文好きの編集者とすったもんだした結果、ビジネス書にこだわらず、「古典的名著を仕事や人生に役立てる」というコンセプトでまとまりました。ですから、結果として出てきた名著は、1000冊に1冊どころか1万冊に1冊、いや10万冊に1冊の名著になってしまいました。
現在、新刊ラッシュのなかで、何を読めばいいのかわからない、という読者の方は多いと思いますが、ほとんどの新刊は、過去の偉人たちの言葉の焼き直しです。毎日200冊~300冊の新刊をすべて読むことはできませんから、いっそあきらめて、腰をすえて人類の遺産に挑んでみてはいかがでしょうか?
今回改めて読んでみて驚いたのは、古典的名著ほど薄くて読みやすく、知的興奮にあふれた書物はない、ということです。
表紙も著者も地味ですが、取り上げた書籍は文句なしの名著ぞろいと自負しています。私の力不足で表現し切れなかった部分もあるかと思いますが、この本が少しでも人類英知の継承に貢献できれば幸いです。


4777101193成功読書術 ビジネスに生かす名著の読み方
土井 英司
ゴマブックス 2005-04-02

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。