成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思考スピードの経営 - デジタル経営教本(ビル・ゲイツ)

Amazon.co.jp
ビル・ゲイツにはさまざまな評価があるが、「ZDNet」のJesse Berstは記事の中で、「変化を好んでいる」「成功しても人が変わらない」「慈善活動に熱心だ」「新しいものを作り出している」「技術に対する情熱がある」と、たった5つのポイントから彼の評価はできるとしている。
とにかく彼がマイクロソフト社の共同創業者として、パソコンの標準化に歴史的役割を果たしたことは、否定できない。マイクロソフト社が競争に勝ち続け、世界最大級の企業にまで成長し、多くの富を生み出したこともまた事実である。
その彼が『思考スピードの経営』(原題『Business @ the Speed of Thought: Succeeding in the Digital Economy』)で、「競合企業と差別化する最も重要な方法は、情報に対してずば抜けた仕事をすることだ」という信念に基づき、中心に取り上げているコンセプトが「デジタル・ナーバス・システム(神経系統)」である。企業を人間に見立てたとき、その命令指揮系統や情報伝達手段が神経系統となる。その神経系統をデジタル化することで、企業組織を再創造していくことが重要だと説く。
本書は、技術の解説本ではない。新しい会社のあり方を示す経営書である。デジタル・ナーバス・システムがどのように会社の思考をスピードアップするのか、じっくり聞いてみよう。(田中良和)

出版社/著者からの内容紹介
「情報をいかに収集、管理、活用するか。あなたが勝つか負けるかはそれで決まる」。デジタル・ネットワーク時代のビジネスで、「真の勝者」となるために必要なマネジメント手法を、豊富な具体例と著者の哲学に基づく明快なメッセージで説く、ベストセラー経営書。

内容(「BOOK」データベースより)
「情報をいかに収集、管理、活用するか。あなたが勝つか負けるかはそれで決まる」。デジタル・ネットワーク時代のビジネスで「真の勝者」となるために必要なマネジメント手法を、豊富な具体例と著者の哲学に基づく明快なメッセージで説く、ベストセラー経営書。

内容(「MARC」データベースより)
「情報をいかに収集、管理、活用するか。あなたが勝つか負けるかはそれで決まる」 情報の流れを会社の血液になぞらえ、インターネットによる商取引や、知識・情報管理の重要性など、デジタル経営による成功への道筋を示す。


4532190053思考スピードの経営 - デジタル経営教本
ビル ゲイツ
日本経済新聞社 2000-11-07

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。