成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生を幸せへと導く13の習慣(ベンジャミン・フランクリン)

日経BP企画
人生を幸せへと導く13の習慣
18世紀、米国の独立宣言や憲法制定に尽力し“建国の父”と呼ばれたベンジャミン・フランクリン。避雷針を発明した科学者としても知られる偉人である。著書『フランクリン自伝』では、人間は古い西欧的価値観から脱して個々に成功と幸福を追求すべきであるという自由社会の原則を説き、後世の政治家や財界人に大きな示唆を与えてきた。
今日の日本人に足りないのは、フランクリンが信条とした“十三の徳目”だと考えるエッセイストが、重要な部分だけを翻訳して解説を加えている。「節制(食べ過ぎ飲み過ぎをしない)」、「沈黙(無駄なことを語らない)」、「中庸(極端な行為をしない)」など各々の教えは至って素朴であるが、日々の生活を見直す一助にはなろう。
(日経ビジネス 2003/11/24 Copyrightc2001 日経BP企画..All rights reserved.)

内容(「MARC」データベースより)
200年以上にもわたって読み続けられてきたアメリカ建国の父、フランクリンの自伝から、13の徳と習慣の部分を訳出し、現在の視点から解説を加えて収録。世界中の成功者たちが学び続けた真に幸福になるためのルール。


4893468189人生を幸せへと導く13の習慣
ベンジャミン フランクリン Benjamin Franklin ハイブロー武蔵
総合法令出版 2003-10

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ミラクル起きないかなー?
何でもいいのさ!とにかくミラクルを体験してみたい
何か、今までにミラクルなことってありました?
2006/01/26(木) 16:14:43 | URL | ティース(/ ̄ー+ ̄(/ ̄ー+ ̄)キラリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。