成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?(神田昌典)

出版社 / 著者からの内容紹介
死の直前、老賢人は何を教えたのか?
価値観が根底から覆されるこれからの10年を、ボクらはどう生きればいいのだろう?
戦争を生き抜き、富と名声をほしいままにした伝説の実業家、近藤藤太。彼が教えてくれた、世代を超えた知恵と勇気!
彼はテクニックを教えない。彼は生き様を見せる。
彼の人生に触れると、明らかに何かが変わる。修羅場を乗り越えてきた人間の大きさに圧倒され、自分でも何かできるのではないか、と心揺り動かされる。彼の魂に接すると、希望を抱きつづける力、生きる力が得られるからなのだ。そのエネルギーを、本というかたちで缶詰にして、あなたに手渡すこと。そして雷に打たれるような体験を、あなたと共有すること。それが本書における、私の役割である。<プロローグより>

出版社からのコメント
このたび、ビジネス書のベストセラー作家・神田昌典さんの新刊『人生の旋律』を出版させていただくことになりました。
単行本としては『お金と英語の非常識な関係』(フォレスト出版)から丸1年ぶり、弊社の『成功者の告白』からはじつに1年6ヵ月ぶりの新刊です。
つまり、あの神田昌典が1年の歳月を費やして取り組んだ意欲作なんです。
それで中身はどうかというと、じつは、これまでのビジネス書とはちょっと違います。
『成功者の告白』では起業家にとっての幸せとは何かをテーマにしましたが、今回は人間にとっての幸せとは何かを掘り下げています。近藤(こんどう)藤(とう)太(た)という、大正生まれで昭和を生き抜いた伝説の実業家の生涯を、神田さん自身が取材し、そこから現代に通じる「生きるヒント」を得ようというものです。
神田さん自身が魅了され、ときには涙すら流しながら深く心打たれた人物。そのエッセンスが、前作同様とても読みやすい物語形式でつづられています。


4062124955人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?
神田 昌典
講談社 2005-07-20

by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。