成功するためのいろいろな本を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心構えが奇跡を生む(ナポレオン・ヒル)

Amazon.co.jp
鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの依頼を受け、「成功の哲学」の研究に努めたナポレオン・ヒルと、その後を継いでナポレオン・ヒル財団の会長を務めたW・クレメント・ストーンによる共著。『十二番目の天使』(原題『The Twelfth Angel』)の著者オグ・マンディーノが最も影響を受けた1冊であり、序文も寄せている。マンディーノの「私は、本書のノウハウをそれからすでに15年以上も実践し続けてきた」という言葉が、内容に説得力をもたせている。
内容は、成功者の心構えに関するものが大半である。中には「他人を動機づける法」や「他人の金を使え!」などノウハウ的なものもあるが、最もページを割き、読みごたえがあるのは、成功者たちがどんな心構えを持ち、動機や良い習慣を保ち続けてきたのか、というプロセスである。彼らがどのようにして自分を戒め、動機づけてきたのかを学ぶことは、長いビジネス人生で必ず役に立つだろう。
「心構えの書」というと、概念的なことに終始しがちな印象があるが、本書はさまざまな人物のケースを紹介しながら議論を進めているため、その是非はともかく、読みごたえがある。(土井英司)

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、自らが所有している潜在脳力を、いかに発揮させるかについての優れたノウハウ―PMAの手法をメイン・テーマとしている。今日の変化の激しい時代に生きる人々のために、いかにしたら充実した人生が過ごせるか、いかにしたら事業の成功、あるいは心の安息、あるいは願望や目標を実現できるか、について、十分な検証をほどこしたうえで、書き上げたものである。

内容(「MARC」データベースより)
最も重要なのは「積極的心構え」(PMA)である。自ら価値ありと認めた目標を、黄金律に従って一つ一つ実現していくための心構えを説く。95年刊「積極的心構えがあなたの人生を変える!!」を改題・再編集。


4877710795心構えが奇跡を生む
ナポレオン ヒル W.クレメント ストーン Napoleon Hill
きこ書房 2002-03

by G-Tools
スポンサーサイト
成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる(トーマス・L. ハリソン, メアリー・H. フレイクス)

出版社/著者からの内容紹介
勝つ脳を作れ!
「できることなら、20年前にこれを読みたかった!」と『エクセレント・カンパニー』のトム・ピーターズ絶賛。
成功は後述する8つの遺伝子に左右されるのだ。
しかも、この遺伝子は、ある行動や習慣を心がければ、誰もが発現させることができる。
本書にはその行動や習慣が解説されている。

8つの成功遺伝子
1「古い傷あと」遺伝子
2「自分像を描く」遺伝子
3「前方に焦点を合わせる」遺伝子
4「曲がり角の向こうを見る」遺伝子
5「電話営業」遺伝子
6「モグラたたき」遺伝子
7「POHEC」遺伝子
8「いい人」遺伝子

「成功遺伝子」判定テスト付。

内容(「BOOK」データベースより)
勝つ脳をつくれ。企業家、経営者に必要な8つの成功遺伝子。

内容(「MARC」データベースより)
成功者たちのインタビューや、遺伝学、生物学、進化論、心理学の科学的実例から得られた、企業家・経営者に必要な8つの「成功遺伝子」。それらの目覚めさせ方を提示し、成功への道順を示す。「成功遺伝子」判定テスト付き。

出版社からのコメント
成功遺伝子をボクは持っているのだろうか? 祈るような気持ちで本書を読み始めた私も、ホッと胸を撫で下ろしました。なぜなら、眠っている成功遺伝子は誰にでも、行動や習慣によって強めることができるから。本書はその方法を教えてくれます。しかも、簡単なテストが付いていますので、現在のあなたの成功遺伝子の状況をチェックすることもできちゃうんです。
NBAのマジック・ジョンソンも推薦!


4763196812成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる
トーマス・L. ハリソン メアリー・H. フレイクス Thomas L. Harrison
サンマーク出版 2006-04

by G-Tools
サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣(エスター・ヒックス, ジェリー・ヒックス)

出版社/著者からの内容紹介
ある日言葉を話す不思議なふくろうのソロモンが現れ、
サラは幸せな人生を送る法則を学んでいきます。

「君の幸せは、周りの状況で決まるものなの?」
「君の幸せが他の誰かがやったりやらなかったりすることにかかっている時、君は罠にはまっているんだ。なぜなら、他の人々が考えることや行なうことを、君がコントロールすることはできないからさ。でもね、自分の喜びは他人にかかっているのではないということがわかったら、その時には本当に自由になれるんだ」

内容(「BOOK」データベースより)
サラはいい気持ちを感じたくて、幸せになりたくて、愛想よくふるまいたいと思っているのに、周囲を見渡すと、いたずらっ子の弟や意地悪なクラスメートたち、いやな先生ばかりで、そうできるような状況がありません。ある日ふくろうのソロモンが飛ぶのを見て、「空を飛べたらな~」と言うサラに、ソロモンは空を飛ぶ方法を教えてくれます。その方法とは、実はこの世界で幸せに生きるための方法と同じだったのです…。

内容(「MARC」データベースより)
ある日、ふくろうのソロモンが飛ぶのを見て、「空を飛べたらな~」と言うサラに、ソロモンは空を飛ぶ方法を教えてくれた。その方法とは、実はこの世界で幸せに生きるための方法と同じだった。幸せな人生を送る法則とは-。


493144976Xサラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
エスター ヒックス ジェリー ヒックス Esther Hicks
ナチュラルスピリット 2005-11

by G-Tools
マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール(マックス・ギュンター)

出版社 / 著者からの内容紹介
「投機」の叡智を凝縮した一冊。日本初公開!
英国で1976年に出版され、ウォール街で密かにロングセラーになっている「投機の教科書」。かつて金融界で名を知られたスイスの金融マフィア「チューリッヒの小鬼たち」による儲けの掟を初めて明文化した。リスクを巧みにコントロールしながら資産を積み上げるためのノウハウと教訓を凝縮。個人投資家の間で圧倒的な人気を誇るカリスマトレーダー、ラリー・ウィリアムズ氏も、「一度読んだら絶対に薦めたくなる」と絶賛する。投資家のみならず、これから社会に出て資産を形成しようという人、あるいは定年後の資産管理を考えている人にも、ぜひ読んでいただきたい「お金の教科書」である。


4822244695マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
マックス・ギュンター 林 康史 石川 由美子
日経BP社 2005-12-22

by G-Tools

すごい考え方(ハワード・ゴールドマン)

出版社 / 著者からの内容紹介
ベストセラー『すごい会議』(大橋禅太郎・著)で紹介された手法を開発した、ユダヤ人ハワード・ゴールドマンの代表作です。
本書では、私たちが日々、何気なく使っている言葉に意識を向けるように促しています。たとえば、「私たちにはお金がない」と口癖のように言ってないでしょうか。それを「私たちは~するためには3000万円必要だ」「私たちはいま800万円持っている」と言ってみる。必要なものと持っているものを2つの異なった事実として表現してみる。そうすると、自分自身のあいまいな思い込みや解釈から解き放たれ、現実の正確な姿が見えてくるとともに、可能性のフィールドが浮かび上がってきます。ここでようやくゴールに向かうための「提案」が生まれ、仕事や人生がうまくいくための歯車がまわり始める……。
ユダヤ系アメリカ人のゴールドマン氏は、仕事や生活のさまざまな局面をとりあげ、私たちがふだんどんな言葉を使っているかを見ていきます。その背後に存在していて、当人自身が意識していないにも関わらず、その人の人生を決定づけている考え方を明らかにしていきます。
ゴールドマン氏は言います。「日々、どのような言葉を使っているかによって、あなたがどんな人生を歩むのかが決定づけられる」。だからこそ、言葉に意識を向けていけば、「ふつうの考え方」から「すごい考え方」へと転換することができ、仕事や人生がうまくいくようになる。
仕事や人生に目に見えない「壁」を感じている人は、本書で紹介されている方法を実践してみると、周りの現実がどんどん変わっていくことを実感できるはずです。アメリカや日本のさまざまな企業で採用されている「すごい考え方」をインストールしてみませんか?


4806122963すごい考え方
ハワード・ゴールドマン 松林 博文
中経出版 2005-12-01

by G-Tools
カルロス・ゴーン経営を語る(カルロス・ゴーン)

Amazon.co.jp
瀕死の日産を過去最高の黒字へと導いた男、カルロス・ゴーン。本書は、約2年前に刊行された『ルネッサンス─再生への挑戦』の姉妹書ともいうべき内容で、カルロス・ゴーンの青年時代からミシュラン、ルノー、日産までのキャリアの記録がつづられている。『ルネッサンス』と異なるのは、経済ジャーナリスト、フィリップ・リエスが第三者的な視点からゴーンの語りをフォローし、よりつっこんだ内容にまで高めている点。このフォローにより、たとえばルノーの「200億フランのコスト削減計画」発表時の反省が、事前の情報の漏れを防ぎ、一気に再建計画の全容を明らかにした「日産リバイバル・プラン」の表明につながったなどという経験の連鎖が、より鮮明に見えるようになっている。
また本書には、『ルネッサンス』以降の話もふんだんに盛り込まれている。日本独自の慣習をプラスに評価し、無理に変えなかったことが再生の秘訣だったというゴーン本人の述懐や、フェアレディZの復活に代表される新車の開発、環境問題に関するスタンスなど、前著では触れられなかった内容も数多い。
しかし、本書の真髄は、ルノーと日産のアライアンスのあり方に代表される、今までのM&A(合併と買収)にはない方法論を明らかにしている点であろう。カルロス・ゴーンに関する類書でも触れられているが、2社の補完的な関係は、20世紀型の企業合併や買収とは視点が異なる。お互いに成功を目指す、ひところ流行った言葉でいうところの“Win-Winの関係”は、ともすれば理想論にも聞こえるかもしれない。しかし、この提携により目指すところをゴーン自らの言葉で明確にしている点が、本書の魅力のひとつだといえよう。
本書を読むにあたっては、「日産リバイバル・プラン」や「クロス・ファンクション」などといったゴーンの経営に関するキーワードについて、断片的にでも知っていた方が読みやすい。ゴーンの人生そのものに興味がある人だけではなく、報道されてきた、ルノーと日産の提携に関する一連の話題を、ゴーンの視点で改めて総括したいという人におすすめしたい本である。(朝倉真弓)

内容(「MARC」データベースより)
「経営」とは「実践」であって「学問」ではない-。ゴーン流経営哲学のすべてがここに! 2003年6月までAFP通信社東京支局長だったリエスが行ったインタビューに、ゴーンが補筆したものを翻訳。


4532310857カルロス・ゴーン経営を語る
カルロス・ゴーン フィリップ・リエス
日本経済新聞社 2003-09-10

by G-Tools
ルネッサンス ― 再生への挑戦

Amazon.co.jp
6843億円の赤字を抱え、瀕死の状態だった日産を3310億円(過去最高)の黒字へと導いた奇跡の男、カルロス・ゴーン。本書は、そのキャリアと経営哲学・手法、プライベートについて語った初めての本である。プロローグにあるこんな一節が、本書の性格をよく表している。「人が白旗を掲げて降参するような厳しい状況で会社を立て直す―― どうしたらそんなことができるのでしょう?(中略)ぜひゴーン流マネジメントの秘訣を教えてください―― この種の質問を浴びせられるたびに、私は途方に暮れてしまう」
本書は、ゴーンが経営の秘訣について語ったものではない。本書に著されているのは、知られざる彼の学生時代からミシュラン、ルノー、日産までのキャリアの記録であり、そこで彼が下した決断の数々である。とはいえ、30歳という若さで南米事業を統括するCOOに就任し、ハイパーインフレに悩まされるブラジル事業を成功に導いた話や、北米事業のトップに就任し、ユニロイヤル・グッドリッチを統合した話、ルノー、日産を瀕死の状態から復活させた話などは、究極のケーススタディーといえるかもしれない。また、彼が折々の決断にどんなポリシーを持って臨んだか、状況をどう分析し対応したか、といった話も参考になる。
本書にはまた、転職の話や家族の話、友人の話など、彼自身のプライベートについてのエピソードが数多く紹介されている。たび重なる転職・移住を前向きにとらえ、協力を惜しまなかった妻の話や、良いアドバイスをくれた友人・上司の話などは、どんなときでも誠実さを忘れなかった彼の人柄とあいまって、成功するビジネスパーソンに必要な要素とは何かを考えさせてくれる。グローバルに活躍するビジネスマンとしてのゴーンの人生は、非常に劇的で、それだけでも読む価値がある。(土井英司)

出版社/著者からの内容紹介
日産を驚異のV字回復へ導いた男が、自らのマネジメント手法と人生哲学を公開。誰にもできなかったことがなぜ彼にはできたのか。

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、ゴーン自身が書いた、ゴーンのすべてである。彼は本書で、驚くべき成果を上げたマネジメント手法と経営哲学を惜しげもなく公開する。そして、その根底にある人間観を、5つの文化―ブラジル、レバノン、フランス、アメリカ、日本―を股にかけて疾駆する半生に重ねてオープンに語る。

内容(「MARC」データベースより)
苦境にあえぐ日産にルノーから送り込まれ、驚異のV字回復を牽引したプロフェッショナル経営者が、自らのマネジメント手法と経営哲学、そして5つの文化を股にかけて疾駆する半生を熱く語る。


4478321000ルネッサンス ― 再生への挑戦
カルロス・ゴーン 中川 治子
ダイヤモンド社 2001-10-25

by G-Tools
カルロス・ゴーンの「答えは会社のなかにある」―会社を変えたリーダーの再生と復活の語録(カルロス・ゴーン)

Amazon.co.jp
本書は、記者会見や雑誌、テレビにおけるカルロス・ゴーンの発言から、計85のメッセージを抜粋して収録した、いわゆる「ゴーン語録」である。メッセージとともにそのポイントが「言葉」として見出しに掲げられ、「解説」として著者による発言時の状況説明や解釈が加えられている。
自著も含めてカルロス・ゴーン関連の書籍は多数出版されているが、本書では、カルロス・ゴーンがどんな言葉を使って人や組織を動かしてきたかが端的にわかるところに特色がある。「ルールはただ1つ。聖域、タブー、制約はいっさい設けないということだ」「会社のために自分が何をすべきかを考えず、他人が何をすべきかを語ることに時間を費やす―― これでは企業には死があるのみだ」「透明性、権限委譲、成果と測定―― この3つがやる気を起こさせるための原則である」「答えは、社内そして皆さんの手中にある。皆さん1人ひとりが会社の将来に必要不可欠なのだ」。ここでリーダーの言葉や思考に必要なものが学べるだろう。また「解説」では、単なる説明にとどまらず、メッセージの意味を膨らませて日本的な企業経営の悪弊を突くなど、歯切れのいい経営論になっている。
語録というスタイルは、どんな文脈で語られた言葉なのかわかりにくいのが難点だが、編者の解説によりその点はある程度カバーできている。カルロス・ゴーンのメッセージはそれだけでも普遍性があり、とくに「再生」を求める企業人の心に深く染み入るはずだ。(棚上 勉)

内容(「MARC」データベースより)
日本社会に強烈なインパクトを与え続ける日産自動車CEOカルロス・ゴーン。着任して以来、発し続けてきたメッセージを紹介しつつ、その人間的素顔に迫る。


490069987Xカルロス・ゴーンの「答えは会社のなかにある」―会社を変えたリーダーの再生と復活の語録
カルロス ゴーン 小宮 和行 Carlos Ghosn
あさ出版 2001-12

by G-Tools
成功へのマスターキー(ナポレオン・ヒル)

出版社 / 著者からの内容紹介
夢を語り、明確な目標を持って、その達成に努めよ――「12の豊かさ」「9つの実践」「マスターマインド」などをキーワードに、講演の実況中継の形で、説き起こされるナポレオン・ヒルの成功哲学。すべての成功への扉を開く「成功へのマスターキー」とは何か?


4797329300成功へのマスターキー
ナポレオン ヒル Napoleon Hill 青島 淑子
ソフトバンククリエイティブ 2005-06

by G-Tools
成功を約束する17の法則 (ナポレオン・ヒル)

出版社 / 著者からの内容紹介
「成功」と呼べる人生に誰もがあこがれる。では、成功者となるためには何が必要なのか? 成功者、失敗者の徹底研究・分析に四半世紀を費やし、確立されたナポレオン・ヒルの「成功哲学」。そのエッセンスともいうべき17の”例外のない”成功法則を紹介する。


4797327626成功を約束する17の法則
ナポレオン ヒル Napoleon Hill 寺西 のぶ子
ソフトバンククリエイティブ 2005-03-30

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。